FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立石神社 餅ひろい

5月3日   立石神社の餅まきに、聞くところによると1時間まきつづける いや 2時間まきつづける
と言う 景気の良い 話 これは行かねば!

 ということで地図で場所を確認しますと、これが 海南市下津町 仁義と言うことがわかり、阪和高速
下津インター下車すぐ。

 行ってみますと地元の方が、ちゃんと駐車場も確保し 我々を誘導してくれます。
ありがとうございます。 地元にはなんの利益も還元しないのにねぇ~。   せめて神社の賽銭だけでもはずんでおきます。

                        立石神社

 駐車場から立石神社の道すがら、ピンクの花が民家の石垣に咲いています、しばらく歩くと神社が左手の見えてきました。
                       P1010042_convert_20130522201652.jpg

なるほど 大きな立石が2つそびえ、それにしめ縄と言うんでしょうか渡してあります、これがご神体なんでしょう。

道の脇にある階段をとんとんと登ると受付があり、そこを抜けると広場があり
 
                           P1010044_convert_20130522201825.jpg
                      
写真では見えませんが上の写真の右手のほうにもうひとつ階段があり、その急な階段を上っていくと両側にひな壇のように階段状になった場所があり、ここがどうも餅ひろい兼見物の絶好ポイントのようです。

やがて餅まきの時間が近づいてくると、広場はひとで埋まりました、ひな壇も人があふれんばかり。
しかし肝心の餅がみえません。

                    P1010048_convert_20130522201941.jpg
 
 やぐらの中をのぞいてみても何もありません、  えっ~  2時間まきつづけるんとちゃうん!

時間になりました、 ここでマイクで「餅はたくさんありますからけんかしないように」と いっております
  
 えっ~ けんかすんの~ ここは「仁義」やし 仁義で あるたたかい!
 
 もちが来ました。  上の神社から法被を着た 若い衆が朱塗りの桶に入った餅を二人で担いできます。
いち、にい、さん、しぃ 全部で4っ

 4つだけ!  

あとで分かったことですが、こんな風に何回にも分けて 運び まくようです。 それで2時間まきつづけ!!         やがて餅まきがはじまりました。
                   
                     P1010050_convert_20130607083639_20130607084137.jpg
 
おおきな餅をまくぞ、まくぞと見せて ここら辺と合図してからまきます、そこへやぐらのしたで待っている若い衆がわっと 集まります。

この若い衆の大半が一杯引っかけて、気勢をあげて待ち構えています。
そこへ餅を投げ込みます  どうなるか たちまち奪い合いが始まります。
  
こらっ 危ない!  池の鯉に餌をやるようなもんですわ! それも 大量にいる鯉に!
酒が入ってるもんやから、こら けんかも起きるわなぁ~。


上から見る分には安全やし、面白いかもしれんけど・・・・・・・・


危ない 帰ろう 帰ろうと すぐに帰り支度。

結局 今回も成果はゼロ まっ 怪我せんかっただけもうけもんや!
次は 必ず とるぞ~











                     


スポンサーサイト

生石高原山開き

 4月29日 生石高原山開きに行ってきました。
狙いはもちろん「餅ひろい」 神主さんの祝詞、お払いのあと 餅まきがあるんですよ!

秋の高原はすすきが風にゆれて風情がありましたが、今は山焼の後、日にちがたっていないのですっかり
様子が変わっています。

                   P1010009_convert_20130522112052.jpg
 
 稜線を歩いているとワラビ、イタドリが芽をふいていました、夢中で取っているとズボンや靴が焼けて残ったすすきの茎で真っ黒に。

 歩きまわっておなかも空いてきたのでちっと早い昼ごはんを食べ 休憩していると神主さんの祝詞、お払いが始まりました。
                         P1010014_convert_20130522104619.jpg

 子供たちは突然出現したユルキャラに夢中、
 
                      P1010015_convert_20130522104647.jpg
 
 お母さん方もとなりでおごそかに行われている、山開きの行事に全然関心なくユルキャラの周りにあつまります。
                          P1010018_convert_20130522104713.jpg

  ユルキャラでワイワイと盛り上がってるうちに山開きの行事も滞りなくお開きに、
今度は太鼓の演舞が始まりました。
                    P1010022_convert_20130522104745.jpg

  勇壮な太鼓の演奏が終わるといよいよお待ちかね もちまき です。

 そう この為にここにきたんやでぇ~^^。  

餅は高原に突き出た岩場の上かたらまきます。                         

みなさん 知っていますか?  餅ひろいは場所取りが大事なんですよ!
餅まきの場所は早くから押さえられ、もう 良いところはありましぇん。
だって 1時間以上前からいや もっと前か! その場所へシートを広げ、弁当を食べ動けへんねもん!

 まあ し~ゃない  とだいぶ後ろの方に陣取るとなんと前に、えらい背の高いのがいます。
183センチ、78キロ(推定)この男がまえでサッカーのキィーパーの様に両手を広げると、前がみえましぇん。

 ウ~ム う! このキィーパーと私の間におばちゃんが座り込んでいます。
あぶないでぇ~。  まわりはみんな立ってんのに! うっ  私の後ろにもおばちゃんが座り込んでるやないの!
と言うことは前にも後ろにもおばちゃんに挟まれて動けんということか!

うちの奥さんはと見ると一段下の場所で好位置をキィープしております、餅が飛んで来ればそこそこ拾えそうです。

 そうこうしてるうちに餅まきが始まりました

餅が飛んできた! 前のキィーパーがキャッチ! また来た 今度つかまえきれず、下に落ちた、
あっ 下でスタンバイしているおばちゃんの手が素早く伸びる。    やるなぁ~!

また 飛んできた  また 前のキィーパーが邪魔をする。あかん  私とこまでジェンジェン飛んで来ましぇん
あっ 今度は後ろや バックしょ! 傾斜になっているか動きにくい  おばちゃんの足ふんでしもた!

動かれへんやんか!  前も後ろも おまけにこのキッーパー すべて前でさわって ゴールを許さず
~あっ おわってもたわ

哀号  戦果はゼロ 
奥さんとみると8個の戦果 その友人は1個拾っておりました。   まあ しゃーない!

帰りは 山を越えて有田川町がわに降り、二川温泉に入って帰りました。
                   
                   P1010025_convert_20130522104306.jpg

 まだまだ 餅まきはある 次は負けへんどう~。





プロフィール

ウォーク マン

Author:ウォーク マン
FC2ブログへようこそ!

名前の通り、自然の中を歩くのが大好きです。熊野古道
は和歌山、大阪府県境から中辺路ルートで本宮大社まで歩きました。
読書も好きで、椎名誠のファンです。
良かったら、たまに遊びに来てください。^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
面白いブログや笑える話、このブログの感想、ご意見などお待ちしております(とくに女性の方^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。