FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇絶峡と天神崎

 
 12月1日 日曜日 晴れ
 
プラム工房の大感謝祭の合間を縫って奇絶峡と天神崎へ、まず 目指したのは奇絶峡。
国道42号にでて、しばらく南下田辺市内に入るとやがて奇絶峡の標識が見えて来ました。


                      

 42号から左折して行けばあとは一本道のはずが、どうも様子がおかしい。
あとでわかったことですが、すこしだけ早く左折し過ぎたよう見慣れない看板には巨石群の文字がどうやらここも奇絶峡の一部らしいことが判明。

 このあたりは整備され、遊歩道になっていたので池のまわりを一周し隣の案内所で場所を確認。
「このまま来た道を真っ直ぐ行き、会津川にぶつかれば川沿いを左にいくとあります」 との事。ありがとうございます!

 教えられた通りいくと、やがて見えて来ました。  以前 来たときの見覚えのあるあの赤い橋が、
日曜日で晴天のため、あたりは車がいっぱい。   ようやく駐車できるスペースを見つけて昼ごはんに。

                      P1010025_convert_20131209195420.jpg



 腹ごしらえがすむと、いよいよあたりの散策です。
                          
P1010023_convert_20131210202430.jpg
 この様な奇岩、巨岩が河原にゴロゴロしています。


                                  P1010032_convert_20131209195456_20131209200635e7a.jpg


この赤い滝見橋を渡ると、文字どうり滝があります。
              P1010034_convert_20131209195518_20131209201212519.jpg
 滝の周りのもみじとマッチしてなんとも言えない風情がありますねぇ~。
今回 ここに来たのは一緒にきた奥さんの友人にみせたいものがあったからです。

 
 ちょうどこの滝の上に位置するところにそれはあります。
その場所まで200メートほどですが、急な登りです。    足元に気を付けて慎重に登っていきますと
眼のまえの斜面にそれはありました。P1010037_convert_20131209212104.jpg




 三尊磨崖仏[さんぞんまがいぶつ]。堂本印象画伯の手になる原画をもとに。
高さ16メートル、巾22メートルの石仏は、昭和41年4月に我が国の平和と併せて世界平和を祈願して開眼されたそうです。

 真下まで足を延ばし、仰ぎ見るととてもありがたい気持ちになります。
世界に平和が訪れる日が来るといいですねぇ~。


 この有難い仏様の足元にはなんと季節はずれのアジサイの花が咲いておりましたが、紙面の関係で割愛します。  残念!  とってもありがたい気持ちになったところで、今度は天神崎に移動します。



 天神崎は田辺市の海岸のひとつで日本最初のナショナルトラスト運動のひとつとなった事で有名ですよねぇ。
豊かな自然は次の世代に残す義務が、今を生きる我々にはあると思うんですが 私は!!なぞと偉そうなことをほざいております。
 今日は!
                                  P1010046_convert_20131209195641.jpg

 実際の景色を見てもらいますとP1010047_convert_20131209195708.jpg

こんな感じです、潮溜まりで大阪のダイビングスクールがレッスンを行っていました。
この時期海の水はやはり少々冷たいそうです。^^
                                

                                       P1010053_convert_20131209195744_20131209201211606.jpg
 この写真は丸山と呼ばれている、この天神崎のメインの場所です。
上に見える灯台は現代つかわれていないそうです。


 沖の方に目をやると
何隻かの漁船が眼に入りました。                   P1010048_convert_20131209202013.jpg


 この岩場の上を歩いていると、天気もいいからかもしれませんがいい気分です。
水もきれいで潮溜まりには小魚が遊んでいます、先端の岩場では釣りをする人の姿も・・・・
やはりいい所ですねぇ~。              P1010052_convert_20131209195808.jpg

 沖に奇妙な格好の建造物を発見!  調べてみましたがよくわかりません。
ひょとしたら、最近 言われている地震による津波の検知に関係あるものなのか、知っているひとがいれば教えてください。

 天神崎の自然がいつまでも残ることを祈って、この場をあとにしました。
また再訪したい場所のひとつです。  今日はこの辺で・・・。
スポンサーサイト

今年最後の餅ひろい

 本年度最終の餅ひろい
今回はみなべのプラム工房を目指します。年に一度の大感謝祭だそうです。

 阪和高速みなべインター下車、右折してしばらく直進し、右折広い道に出ると、左折して直進。
二股を右手に行くと見えて来ました本日の決戦場に10時前に到着。

 会場内に入って見ると、正面に舞台があり左右に模擬店の店舗が並んでいます、このあたりの取れたての野菜、サツマイモ、梅の加工品、手作りケーキ、焼きそば、コーヒーなどなど。
                                 P1010061_convert_20131204202423.jpg
 入り口近くのところではきいちゃんの風船のなかで子供たちが遊んでいます
          P1010010_convert_20131204202136.jpg




正面の舞台では吹奏楽をやっていました。
入り口のプログラムをみると、餅まきは3時半から、今から5時間半はゆうにあります。
               P1010058_convert_20131204202304.jpg

 そのプログラムの近くになんと昔懐かしいピンクの電話(こんな名前の漫才師がおりますなぁ~)がありました。    この電話はつながるか、つながらないか一緒に来た三人で話ましたが、「論より証拠かけてみよう」拙宅にかけてみますと、なんと つながるではありませんか!  電話やから当たり前か!
まっ  使う人はほとんどないやろなぁ~。
                       P1010012_convert_20131204202202.jpg
      
                             


        
 インターネットで調べ時に内容までよくわからなかったので、とりあえずこの時間に来ましたが場所も確認できたことやしとりあえずオプショウンで考えていた奇絶峡と天神崎に行くことにします。
時間を見計らって再び帰ってくることにしましょう。

天神崎と奇絶峡はこの後のページに書くことにして、とりあえず帰ってきた時から話を進めます。
帰ってきたときプログラムはよさこい演舞をやっておりました。

 私も今回初めて知ったのですが、旗振りだけの連もあることを知りました、そんな連の演舞をやっておりましたが、この連の旗が非常に色使いのきれいな絵が描いてあったので、近くで撮らせてもらいました。
                                   P1010074_convert_20131204202536.jpg

 源平の合戦、那須与一の扇落としの場面です。 絵に見ほれました。

そのあとは踊り子さんのいる連の番です、みなさんこの日のために練習したのでしょう見事なものです。

                    P1010059_convert_20131204202331.jpg

                              P1010060_convert_20131204202357.jpg

 演舞の最後は総踊りです、舞台に上がれるだけあがり、その下ののグランド 左右に広がり総踊り。
写真に撮ろうと構えるとなにやら後ろの方で人の動く気配、振り返ると
                         
P1010068_convert_20131207204926.jpg
可愛い踊り子さん達も総踊りをしておりました。^^


この間 時間がすこしあったので会場近くにある、この主催者の店により無料招待券で梅の入ったお茶と饅頭を頂きました。  あまり悪いので饅頭ひと箱購入、奥さんはひとつ300円のの梅干しを3個買い求めふたたび決戦場に! いざ! 勝負 !!


 そのあと和歌山県紀の川市出身のTONPEI(とんぺい)さんのミニライブ、このひと御年55歳顔はともかく良い声してますわ、歌はもちろん 声量がありファンになりそうです。


そして そして いよいよ最後のメインイベント 餅まき!
やぐら近くに展示してあった車を移動して、いよいよです。

 

さあ 両の手で顔をバシッ、バシッたたき 屈伸運動、四股を踏んで 気合十分で 土俵へじゃなかった
やぐらの下のひかえに。

 いつのまにか隣には年齢48歳 身長170センチ体重78キロ(いずれも推定)の男性が陣取っています、髪は短く、丸顔で肉体を使う仕事らしく太い二の腕と盛り上がった肩の筋肉、強そうな足腰を持っているようです。

 白っぽいジャンバーを着ていますが全体にまるこい印象を受けます(以下マルオさん)、そしてただならね気配を全身から発散しています。    しまった エライひとのとなりになった! と 言ってもいまさら変わるところはありません、なにせ最前列 しかも あたり一面ひとでギッシリ まっ しゃあないわ!


ここで場所の選択について一言、[若い男性と子供の傍は避けましょう。   若い男は時々無茶をする奴がいます、とばっちりを受けて怪我をするかもしれません、子供は反対に餅ひろいに夢中になっていると,
怪我をさせるかもしれません。]
    (今回 主催者は子供と大人にまく場所を分けておりました、賢明な措置です。)

   どちらも避けましょう!  狙いは若い女性の多いところ、こんなとろがあれば多少無理をしても行くべきです、もしかすると餅ひろいの最中うれしいハプニングがあるかもしれません。^^

 さあ 待ちに待った 戦闘開始です。

あっ ここでもう一言 「餅ひろいには空中戦と地上戦があります、空中戦と言ってもなにも餅にヘディングをかますわけではありません、あたりまえか! つまり空中でキャッチする方法と地面に転がってきたのを素早くひろう方法です。」 

 「面白いのは空中戦で男性に多い、ですが餅が拾えるのは地上戦です、これは女性に多い戦法です。上級者は体をはるという必殺技をつかう人がいます。   これはどうするかと言うと餅が一度にたくさん目の前にころがってきたとき、いちいち拾っていたのでは間に合わず、ほかも人に拾われてしまいます
そんなとき上級者は餅の上にベタッと寝ます。」

 まるでチベット仏教、聖地巡礼の五体投地のようです、 すごいですの その迫力 根性 吉田麻也、今野みならわんかい!  失礼しました、話が横道にそれました。



今回は一番まえに陣取ったため、必然的に座り込み地上戦で いざ 勝負!

 餅が降ってきました、あっ 眼の前にきた餅をとなりのマルオが横からサッと取ります、ウ~ム 差し手が早い、今度はマルオのまえに落ちてきた!

 あっ 立ち上がってキャッチ うーん やるなぁ~。   関心してる場合か!
今度はマルオの前にきた、手を伸ばしても届かない距離 わっ ダイブした  参りました、あんたはエライ。


技能賞と敢闘賞を進呈したいぐらいや!    マルオさんはスーパーのレジ袋を自分の前に置いていますが、みるみるうちに餅とお菓子の袋でいっぱいになってきます。

 私はと言うと、マルオがほかの餅を拾てる隙にチョコチョコとひろただけ。
やがてタイムアップ 終了。  車めがけてダッシュ!   素早くくるまを出して渋滞をまぬがれる。

 これから鶴の湯温泉へ、鶴が湯に浸かって傷を治しているのを見て、鶴に良いのなら人間にもいいはずと入ったのが始まりとか・・・・・・・。
                                   P1010076_convert_20131204202606.jpg
 
 野外の方の湯は誰もおらず、貸切状態 のんびりと今日の疲れをいやし、体もほかほかしたところで一路和歌山へ お疲れ様でした。^^

 本日の戦果 私 餅 12個 お菓子 2袋
     奥さん 餅  8個 お菓子 なし 奥さんの友人は餅9個 でした。
                                       P1010077_convert_20131204202630.jpg


あっ それから 一個 300円の プレミア梅干し 帰ってすぐ口に入れ、入れてたから 写真を撮るのを忘れていたことを思い出し、種だけになったのをも一度パッケージに入れて パチリ^^ハハハ あほやなぁ~
                  P1010079_convert_20131204202653.jpg

 ラレベルに書いてある名前がなんとプレミアム ダイヤモンド梅 どや! 参ったか!



 と言うことで本日はここまで。  次は奇絶峡、天神崎へ行きます。














プロフィール

ウォーク マン

Author:ウォーク マン
FC2ブログへようこそ!

名前の通り、自然の中を歩くのが大好きです。熊野古道
は和歌山、大阪府県境から中辺路ルートで本宮大社まで歩きました。
読書も好きで、椎名誠のファンです。
良かったら、たまに遊びに来てください。^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
面白いブログや笑える話、このブログの感想、ご意見などお待ちしております(とくに女性の方^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。