FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクターヘリ


 最近 テニスの内容がもうひとつなので、また壁コーチ(ボールを壁打ちし跳ね返るボールで自分の欠点をさがす)にお願いしようと、新しい壁打ちようのシューズを買い、貴志川(紀の川の支流)の橋げたに向かいました。
 この橋げたは床の部分も舗装してありボールが規則正しく返ってきます。

車から降り新しい練習用のシューズに履き替え、ボールを持って壁に2,3回打ったとこで、なんと救急車が河原におりてくるではありませんか、マイクでなにか言ってますが近すぎてかえってよくわかりません。

 救急車の運転手も私が理解していないとわかったのか窓をあけて

 「いまから ドクターヘリがこの河原に降りて来ます、少し風が吹きます注意してください」 と言ってそのままもう少し向うの芝生のほうに行ってしまいました。

 続いてなんと消防車が一台降りて来ました。        そのまま見ておりますと、救急車の乗務員と消防の方が協力してドクターヘリが降りた来た場合の準備をしているようで、無線でなにやら話ている人もいます。

 そのとき パタパタと音がしたと思うと、ドクターヘリが降りて来ました。
このドクターヘリ 和歌山県立医科大学が国公立病院では初めて導入したもので、ドクターとナースを乗せて現場に向かいあらかじめ示し合わせた場所で患者を収容し、必要とあれが現場であるいは帰りの機内で治療や簡単をオペをするという優れものです。

                                         KC3Z0003_convert_20150206092510.jpg

 着陸してへりは直ちに医師が降りてきて患者の様態をチェックし、ヘリの胴体 後ろにある開口部からストレッチャーを出し、救急車から出された患者をここに移動し、ふたたび開口部からストレッチャーを機内収容、飛び立って行きました。

 その間 やく5分ぐらい あっと言う間の出来事。    和歌山のへき地、山間部に住む人にとって心強い味方で、
年間400件をこえる要請があるようです。 (と言うことはここもへき地?)

 やがて救急車も引き揚げ、消防車も野次馬も消えだれもいなくなった河原で、壁コーチの教えを乞いましたが単に靴の底が減っただけなのか、あるいは多少なりとも効果があったのか、それは今度 コートに立った時のおたのしみ。

 などと 偉そうなことを言っております。    
 >あ~ぁ  この次は仕事でテニスができない、「う~ん 残念」 と言っておきましょう!^^




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウォーク マン

Author:ウォーク マン
FC2ブログへようこそ!

名前の通り、自然の中を歩くのが大好きです。熊野古道
は和歌山、大阪府県境から中辺路ルートで本宮大社まで歩きました。
読書も好きで、椎名誠のファンです。
良かったら、たまに遊びに来てください。^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム
面白いブログや笑える話、このブログの感想、ご意見などお待ちしております(とくに女性の方^^)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。